<   2005年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

女の子ですもの

たまには、お菓子づくりですぅ〜♪
忙しく作れなかったバレンタインチョコ。
今更ですが、どうしても
お世話になっている方々にプレゼントしたくって明け方3時から作りました。
やっぱり、お菓子づくりって楽しい♪
チョコレートの甘い匂いに囲まれケーキの飾りつけとラッピング。
a0031850_6503779.jpg

[PR]
by CINNAMON_ART | 2005-02-27 06:51 | お気に入り

9日目

ギャラリーに着くと、教室の生徒さんがすでに来てくだっていた。
うちの生徒さんはデザイン関係のお仕事をされている方が多く、数人がこの青山近辺に仕事場がある。普段、祖師谷の梅林の隣りの陶房で土にまみれ仕事している私とはえらい違いだ。この生徒さんもフリーのコピーライターで仕事場が近くスーツー姿で来て下さった。いつもエプロン姿ばかり見ているせいかなんだか新鮮でいいものだ!!」
とても、面白い生徒さんで1時間近く話してしまった。
朗らかなのに、毒っ気がある話し口調がはまってしまうのだ。
大きいリュウビンタイという植物が植え込んでいる鉢を事務所に飾りたいからとご購入下さった。前に購入された方も同じ様な事を言われていた、もしかしてこの鉢と植物のボリュームは、事務所のインテリア向き??
よし!!量産しておこう。(>_<)

その後、埼玉から通われている生徒さんが来て下さる。   
とても、センスの良い方で着ている服も作品も色合わせやデザインが素敵である。中学生のお子さんがいらっしゃるのだがとてもそんな雰囲気を持っていない
色褪せない女性である。私も、こうなりたいものだ・・・。

そして、芳名帳チェック!
「あ〜!○○さん来て下さたんだ。○○さんもお会いしたかった〜。」
前の日に教室でお休みしてしまうと懐かしい方々にお会いできず
申し訳なく悔しい思いをする。

この日は雪のためパン屋さんの方も少なく、又スタッフの方と話し込んでしまう。
熱海のバナナワニ園のワニのマネが私の笑いのつぼを突っついた♪
[PR]
by CINNAMON_ART | 2005-02-27 06:40 | 陶芸のこと

8日目

今日は教室日。
木曜日の生徒さん達が「見にいくからねぇ〜。」と口々に声を掛けて下さった。
なにやら数人の生徒さん方は集まって青山でフレンチランチをしてから来られるとの事
でなんともありがたい応援団だ!!

教室が終わり、自分の仕事をしていると又急に眠気が襲ってきた。
そのまま、フラフラと2階の寝床に行きそのままバタン〜。
起きたら丁度12時で外は大雪。
凄い綺麗!!
感動し、一人真夜中にお散歩。
誰もいない雪景色、誰も足をつけていない真っ白な画面
ザック、ザックと歩いてみる。真っ暗な空に雪明かり。
神秘的な雰囲気が味わえました。

[PR]
by cinnamon_art | 2005-02-25 05:36 | 陶芸のこと

八ヶ岳ギャラリー

八ヶ岳には、素敵なギャラリーが多くある。
中でも私のお気に入りは、
『ウィークエンドギャラリー・ムウ』3階建ての一軒家のギャラリーでかなりの広さだ。入り口に木の看板がありそこから長いアプローチが続く。
a0031850_5161324.jpg
a0031850_5171034.jpg


自然だけでも見物だが中に入ると作家ものの陶器や漆器、布、骨董などが並びかなりの見応えだ。若手の作品が多いみたいで、誰でも手に届く価格帯なのが又楽しい。
自然と骨董、現代活躍中の作家モノとの融合である。
ここは、本当に面白いギャラリーだった。
a0031850_5181019.jpg

そして、『峠のギャラリー 歩``ら里』(ぶらりと読む。)』
ここは、茅葺き屋根にコンクリート打ちっ放しの壁、板張りのフロア。
石の階段の登りギャラリーへ入るのだが、とても癒される空間だ。

皆さん、是非一度足を運んで見て下さい。
あ〜!来て良かったと必ず思うことでしょう♪
[PR]
by cinnamon_art | 2005-02-25 04:54 | お気に入り

6日目

植え込みをしていてまたギャラリーに遅刻をして行くと
すでにお客様が・・・。
作品を納品している八ヶ岳のギャラリー『かいた』のご夫婦だ。
私も、自分の作品がどう展示されているのかを見に、紅葉の季節にここのギャラリーを訪ねたのだが、白樺林に囲まれた素敵なギャラリーだった。
1、2階がギャラリーになっているのだが1階のコンクリート打ちっ放しの方に私の作品を展示して下さっていた。自然の中にある無機質のコンクリートのスペースが不思議な空間をつくっていた。
お部屋に上がると大きな暖炉があり雰囲気を醸し出している。
フルーツがゴロゴロ入ったケーキや挽きたてのコーヒーをごちそうになったのだが大自然のパノラマの中でいただくお茶は格別でした。
また、このご夫婦は仲が良く、とても朗らかで明るい素敵なご夫婦なのです。

ご夫婦が帰られてからすぐに、アクセサリー作家jujuのmitakoさんが
筆文字デザイナー『書きたがり』の国文 佳代さんを連れて来て下さった。
佳代さんとは始めてお会いしたのですが、とても明るく面白い方ですぐにうち解けてしまいました。3人で、作家として生き抜く大変さを語り合い楽しかった〜。
普段、土とばかり対話している私にとっては
ギャラリー勤めは、こういう出会いがあるから面白い。
作品の感想もダイレクトに聞けるから今後の参考になるのです。

帰る際、デュヌラルテのスタッフの方との会話が盛り上がる。
スタッフの中におとぼけ?キャラ?の方がいて今更ながら
「あれっ!もしかして植物とかお好きなのですか〜。」と聞かれた。
他のスタッフに
「バカっ!!好きだからこんなに植え込みされているんだろ〜。」
と、どつかれていた。
「はいっ〜(^〜^)好きだからこんなに植え込みしてるんですぅ」
と、答えた。

なんとも、面白い方だ!!
[PR]
by cinnamon_art | 2005-02-25 02:23 | 陶芸のこと

5日目

昨晩カタログづくりから3時間睡眠を取り、再び在庫が少なくなっている作品の上絵を少ししました。
窯を点火し、着替え、急いで会場へ。
途中で、いけ込みに使う枝モノを探し花屋に入ったりしていると時刻はあっという間に午後の1時を廻っています。

ギャラリーに入り芳名帳をチェックして驚きました。
私の尊敬しているイラストレーターの山本 祐布子さん記帳して下さっているではないですか〜あ、ああ〜。お会いしたかった〜。残念!!

その後は、陶房の生徒さん方が来て下さって、
陶芸や家族、ギャラリーの話しに花が咲いた。
楽しい一時でした〜。

今日から、会場に置いているファイル『食の風景』
a0031850_5463433.jpg
a0031850_547062.jpg
a0031850_5472179.jpg
a0031850_5474815.jpg
a0031850_548982.jpg
a0031850_5505415.jpg

この和菓子は、初日に来て下さった常連の親子さんが持ってきてくださったお土産。
『たねや』という和菓子屋さんのものなのですが、とっても美味しく可愛かったです。
ありがとうございました。
[PR]
by CINNAMON_ART | 2005-02-22 06:32 | 陶芸のこと

4日目

朝,
今日も雨ですぅ〜。(>〜<)
なぜなぜ、昨日までは、今日の天気予報晴れだったのに・・・。
恐るべし、私の雨女パワー。
来る方少なそぉ〜!!

とりあえず、やれるだけ頑張ります。
今から上絵の窯出しをし、手持ち搬入してきます。

行ってきま〜す。

__________________★

午後、雨も止みちょこちょことお客様が顔を覗かせた。

陶房で、仲良くしていただいている生徒さんご夫婦が訪ねて来てくれた。
このご夫婦は奥様が着物好きで、旦那様はいつも奥様の出で立ちに会わせ二人でコーディネイトされている。
この日は、奥様が、桜をイメージさせる柄、色合いの訪問着で旦那様はデニムの色合いのちりめん仕立てのコートに同じくデニム色の手拭いを半襟にしていた。
そして、にくいことに、半襟には、小さな桜の花びらの刺繍がしてある。
素敵なご夫婦。見習いたいです!!
旦那様は、いつも動物を連想させるオブジェを制作しているのですが
やはり、目を付けた作品も動物系の陶箱。
トコトコ階段が気に入って下さったご様子でした。

その後は、骨董好き仲間という事で最近知り合った方が来てくださった。
ネット上では、かなり会話をしていたのですが実際会ってみても
イメージ通りの素敵な方だったので大変嬉しかったです。
お求めになられた作品もオウム貝文の角皿や骨董市で目に付いたフォルム
からつくりあげた植木鉢でした。。
お土産に柚茶を持ってきて下さいました。
柚の皮が蜂蜜つけになっていてクセになるお味です。
ありがとうございます〜。大切に飲みます。

そして、始めて知り合ったお客様。
可愛い可愛い柚ちゃんというお子さんを連れたご夫婦。
柚ちゃんはぷくぅぷくぅとしたピンクのぽっぺと眠そうなトロッとした二重のお目目の女の子。その愛らしい姿に私は釘付けになってしまった。(>〜<)
a0031850_6561816.jpg
a0031850_6582125.jpg

なんだか、今日は柚に縁のある素敵な出会いの一日でした。

その後、大量に食材を買い込み陶房へ帰宅。
まずは、昨日オーナー奥様に頂いた蟹を使い豆乳鍋をしました。
豆乳鍋は次々と湯葉の膜ができこれがまた格別なお味。

そして、お腹一杯になったところでお仕事お仕事。
前からやりたかった企画。
展示している器の食の提案だ。
器を制作しながら考えていた、こんな風に食材を盛ったら素敵だなぁ〜というイメージを伝えたく実際に食材を盛り付け写真を撮りカタログを制作したのだ。
楽しい作業でしたが、変に凝り性で拙い料理の腕の私は、何品かの料理を器に盛り付けるのにかなりの時間が掛かってしまった。それから更に写真を撮り始めていると、
「構図が悪い」とか言って結局手伝って下さった優しい先生も巻き添えにして、夜中3時くらいまで掛かってしまった。

でも、自分の中では満足いくカタログ『食の風景』ができました。
会場に来られる方は、芳名帳の横に置いてありますので是非、ご覧になってくださいね。
[PR]
by cinnamon_art | 2005-02-20 07:55 | 陶芸のこと

3日目

今日は、教室仕事です。
ギャラリーは、オーナーに任せていますが、
朝からの雨。雪。誰も来ないのでは・・・。
まぁ、こんなもんです。

教室も、今日は人が少ない。
でも、お疲れモードの私としては、ゆったりとした教室仕事がとても嬉しい。
馴染みの生徒さん達と話す会話もとても楽しい。

そして、教室も終わり。やっと、やっと、楽しみのお風呂タイム〜。
昨日、スパイラルで買った新しい入浴剤を入れうひゃうひゃとお風呂を楽しむ。
仕事を気にし焦って入らなくて良いお風呂はこの上なく幸せだ。
全身マッサージし、特に手は入念にマッサージする、
この3ヶ月間へこたれず頑張ってくれたのだ。
大事にしてあげなくてはと思う。2〜3時間位入りすっかりホカホカの身体で
お布団にくるまれ眠る・・・。ああ〜!幸せ。
[PR]
by cinnamon_art | 2005-02-20 07:52 | 陶芸のこと

2日目

私は雨女である。
展示会になると必ずと言っていい程雨が降る。
そして、今回もやはり・・・。
まぁ、こんなもんでしょ。と思っていると

それでも、ちょこちょこと馴染みの方が見に来て下さる。
ありがたい事だなぁ〜と感謝の気持ちになる。

一輪差しのシリーズの中でも、化粧土が薄くって不思議な模様が現れた作品がある。
今回の焼き上がりの中でも一番のお気に入りだ。
a0031850_104658.jpg

2つ並べて展示していたら、2つ揃えて家に並べたいからと言ってお求めいただいた。嬉しい事だ!!
帰りにデュヌラルテのパンを買って帰る。
a0031850_1015782.jpg

私のお気に入りは、手前の山葡萄のパン。これでもかって程に山葡萄が入っていて上手い〜!!

この日は、先生がお疲れ祝いに祖師谷の豆腐料理のお店でごちそうして下さった。
ここは、店の裏が豆腐屋になっていて出来立ての豆腐が食べれる。
千円で、豆腐が食べ放題なのだ。竹の器に次々と豆腐運ばれて来る。
豆腐好きな私にはたまらない。
a0031850_10103794.jpg

シソ豆腐、ゴマ豆腐、ノーマル豆腐、ワサビ豆腐、と繰り返し食べお腹いっぱいだ。
たぶん5丁位の豆腐を食べた。薬味も塩、黒こしょう、七味、抹茶など5種類位あり
これをちょこっと付けて熱燗を飲む。くぅ〜たまらなく美味しかったですぅ。
でも、私は連日の疲れですでにクタクタだったので、一杯目のグレープフルーツサワーですでにふにゃふにゃ。熱燗は先生に一口いただいたのだ。
半分意識がもうろうとしていて、先生の話ききながら寝ている私を見て「か、帰ろうか〜。」と先生。ごめんねぇ〜。
でも、陶房帰り最後の窯出し、上絵付け。
がんばれ〜、私・・・。
[PR]
by cinnamon_art | 2005-02-20 07:21 | 陶芸のこと

個展搬入、そして初日。

いよいよ、
個展の搬入の日。
朝5時頃にいつもお世話になっている赤帽運送の方に迎えに来てもらう予定なのだが
じ、時間が無い。ちらっと時計を見ると、もう4時過ぎているのだが・・・。
教室に広がる作品の量を見てゾッとした。まだ、これに価格と品番シールを貼らなくてはならない、あー、梱包もしなきゃ。
無理だ〜と赤帽のおじさんに電話をして少し時間を延ばして6時に迎えに来てもらう事にした。本当に迷惑な話だ。いくら24時間体制だといえども、朝から5時だの6時だのって、ゴメンね。おじちゃん!!

6時。
なんとか梱包し終えて荷物と私をのせ赤帽車は、教室を出発する。
いつも搬入の出発前、教室を掃除し最後に電気を消し戸締まりをする時、この何日もがむしゃらに頑張りやっとここまできたか〜と胸がきゅ〜んとなる。
「ありがとう、いってきます。」
そういう思いを込めて電気を消す。

ガタガタと車は朝の街を走り出す。
ギャラリーに着くまでの車の中は、梱包までが終わり興奮気味の私を落ち着かせるのに丁度良い空間だ。どの場所に何を置くか改めて展示をイメージできる。おじさんは寡黙な方で、程良くおしゃべりし、程良く自分だけの時間を下さる。

1時間後、ギャラリーに着き作品の梱包ほどき、展示開始。
デュヌラルテでの展示は2回目で、作品もどの場所に置くかイメージしながら制作していたので展示には時間がかからなかった。
この3ヶ月間、イメージしていたモノがカタチになっていくのを感じ嬉しい充実感
を得れる瞬間だ。がむしゃらに頑張って良かったと思う。
しばらくすると、良いニオイがしてくる。
焼きたてのパンのニオイだぁ〜。幸せなニオイに包まれて準備していると
少しずつデュヌラルテのスタッフやオーナーがやって来る。
ここのスタッフは皆仲が良い。
なんか、祖師谷陶房のスタッフの方々に会いたくなる。同じ目標を持って頑張れる自分の仕事仲間がいるって(私の場合は先輩先生だけれども)って素敵な事だなぁと思う。

11時半になりいよいよ開始。
a0031850_926622.jpg

車輪をイメージした鉢にリュウビンタイの植え込み
a0031850_936339.jpg

廊下には、小さな植え込みを並べる
a0031850_9374457.jpg

ピンク系の多肉にグリーンネックレスが可愛い
a0031850_9382430.jpg

十二の巻に沖縄に旅行した時に拾った珊瑚を植え込む
ギャラリーの中の棚には、
a0031850_9442585.jpg

靴?船?なんとなく頭に浮かんだイメージをカタチにした一輪差し
a0031850_9491914.jpg

セダムの植え込みをした重ねて楽しめる作品
a0031850_951134.jpg

リュウビンタイに苔を貼った作品
a0031850_9522992.jpg

机の上には、食器類が並ぶ
a0031850_953342.jpg

食器を花器として楽しめますよ。と言う提案したいけ込み

展示が落ち付きしばらくして、仲良くしている生徒さん達が来て下さった。
自分でアレンジした花束を持ってきてくれてカンゲキ。
私をイメージしてつくって下さったとの事で、なんだかとても贅沢な嬉しい花束。
午後になり、常連のお客様が来て下さった。
私が作家になり始めた頃から来てくださっている方で娘さんと二人で来て頂いたのだが、二人ともとても美人さん。話していると私が興奮してしまう。旦那様は幸せだろうなぁ〜とか考えてしまう・・・。
この方は、私がいつもここぞっと力を入れた作品を火っていって下さる。
今回も、もう二度とでない色の焼き上がりになった陶箱を買って行かれた。
a0031850_9274237.jpg

ウサギ?クジラ?これもなんとなく浮かんだカタチ
この陶箱の色違いを大小2つ並べたいとお求めでした。
a0031850_9322627.jpg

娘さんは鍵を選んで下さった。
家には、私の作家なりたての作品もあり今までの過程が解って楽しいよ〜。といっていた。ああ〜!!あのしょぼい頃の作品が・・・。と思うと恥ずかしくなるが、
ずっと見守って応援して下さっている感じがしてとても嬉しかった。

その後もちょくちょくとお客様が来て、又仲良くして下さっている生徒さんが花束を持って来てくださった。これまた、可愛い色合い。ピンクとあずき色と茶色がアンティークな雰囲気で私好み。石と生化粧の一輪差しを気に入ってお求めいただいた。
a0031850_9341935.jpg

石の一輪差し。

そ・し、てこの日は良いことがあった!!
前からやってみたいなぁ〜と思っていたギャラリーからお声がかかった。
DMは出していなかったのだが見に来て下さっていたのだ。
やった〜!やった〜!!
なんか、大学の頃からHP見たりしてチェックしていた場所だったな〜。
と思うと嬉しさがこみ上げてくる。

この日は少し早めに陶房に帰り残りの上絵付けをする。
[PR]
by cinnamon_art | 2005-02-20 07:14 | 陶芸のこと